スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

点と線から面へ カンディンスキー



私の好きな画家のひとり、ロシアの カンディンスキー
風景画・人物画にはじまり抽象的作品へと作風が変化し
晩年には幾何学的な作品を残している。

初期の作品はあまり好きではないのだが
抽象的~幾何学的作品は面白い。

どこがどう面白いのか表現できないのだが
部屋の中に飾りたい・・・
それが私の「面白い」の位置づけ、つまりモノサシである。

カンディンスキーの言葉
文字や絵画の始まりは全て点であり
点が線となって形ができていく


カンディンスキーの本は相当難しく
たぶん私には理解不能と思っているので
未だ読んだことはないが
そろそろ読んで勉強しないといけない時期かな~
最近特にそんな風に思う。



今月のいけばなの勉強
大汗をかきながらなんとか作品としての形はできたのだが
よく考えてみると、昨年と同じような作品だった。

これは昨年の作品
IMG_2674_400.jpg
IMG_2678_400.jpg


これは今年の作品
IMG_9094_400.jpg
IMG_9095_400.jpg

これを個性と思ってもらえるほど
多くの作品を残しているわけではないので
結局はワンパターンという言葉のくくりにおさまってしまう。

イケバナに限定しないで、たくさんのモノを見て
たくさんの経験をして
頭の中にある「イケバナ」のカテゴリー
そこの引き出しをたくさん持つこと・・・
それが作品の広がりにつながると考える。

点と線から面へ
カンディンスキーはどのような理論をもって
作品を広げているのだろう?
作者のメッセージがいちばん伝わりやすいのが
「造形的作品」だと言う。
もうそろそろ、本のページをめくってみようかな~



さて、こちらは 「地と図の関係」 を意識した写真
先日、大阪梅田で撮影したものです。
街路樹が今年最後の紅葉を見せてくれていました。

IMG_9083_400.jpg

この樹を見た時、10月の家元研究科で習った
「地と図の関係」を思い出しました。
この写真は 「異形の際立ち」 かな?
街路樹のバックがマルビルなら
「同質のまとまり」 だったかも。
う~ん、芸術は奥が深くて溺れそう~








赤のクッションに黒い毛色のあんず
異形の際立ちかな?

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村

こちらもクリックよろしくね
にほんブログ村 花ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ついつい、クセで…ってありますね。
私は写真を並べておき
かぶらないよう気をつけるようにしています。
極めることも大切だと思います。
本人は似たようなのって思っていても
極める、に通じてるかもしてないですよね。
薔薇の時計
プロフィール

ミロモネママ

Author:ミロモネママ
島根県松江市在住
チワワ4兄妹のママやっています。
いけばな草月大好き。


長男:ミロ
2008年5月15日、奈良県生まれ

長女:モネ
2008年10月15日、奈良県生まれ

二女:あんず
2010年1月30日、京都生まれ

三女:るり
2010年6月24日、京都生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。