スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

家元研究科~2月



2月11日
この日は月に一度の大阪でのお花のお勉強
家元研究科でした
今月はお家元の直接指導です

テーマは「出会いを求めて」

P1010652_400.jpg

春の花たちに惹かれながらも

P1010650_400.jpg

私が選んだ花材は、椿と紫色のチューリップ

P1010654_400.jpg

そして鉄の器です
またいつかいい機会に記事にしたいと思いますが
選んだ花材、そして器も
思いを込めて、強い気持ちで選びました

P1010651_400.jpg

椿の枝をためて入れていきます

P1010656_400.jpg

枝が折れないように、指先に神経を集中させます

P1010657_400.jpg

椿の葉の色も見せます

P1010660_400.jpg

チューリップの茎もためていきます

P1010661_400.jpg

完成しました

P1010658_400.jpg

お家元の講評は・・・
「椿の葉の表を見せたり、裏を見せたり
そして、鉄の器の空間を使うことで
額に入った絵のようです
作品に個性が出ていますね」
私から何も言わなくても、作品を見られただけで
思いをくんでくださっていました

今回、お家元から「個性が出ている」と言われた時
本当に本当にうれしかったのですが
あとでよく考えてみると、今回のテーマとはどうかな?
って気持ちになりました

いつもは使わない器、
自分からは選ばない花材に出会うことにより
新しいものを見つけなければならなかった・・・

でも、いつもは使わないものなんだけれど
それを自分の個性、自分のカラーに仕立てること
それもあるんだろうか・・・
わからなくなりました・・・
いや、今回は自分の殻を破らなければならなかった
自問自答の日々です

以下、お家元の言葉です
「出会っていく必要がある
手をのばすものが、いつも同じでは意味がない
使ったことのないものに挑戦することにより
思いがけない出会いが見つかる
この花材にはこの器がピッタリ・・・では意味がない
どうなるかわからないけれど挑戦することが大切

結果を出すのは勝負の時
勝負に勝つためには、様々な要素を持っていないと結果は出ない
研究科はたくさんの要素を持つために勉強する場所」


花にも器にも、そして人にも
ずっとずっと出会い続けていきたい




春の黄色に惹かれちゃいます
クリックで応援よろしくね♪

にほんブログ村 花・園芸ブログ 生け花・華道へ
にほんブログ村

お花の帽子のモネさんに
クリックよろしくね♪

にほんブログ村 犬ブログ チワワへ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

椿の枝の線がキレイですね🌟

東京では先月が出会いを求めてでした。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

椿の枝、折らないように集中してためました。
「技のチカラ」って、本当に大切ですね。

No title

椿とチュ-リップ、鉄の花器んの出会い、素敵な作品ですね。
 椿は花良し枝良し、葉良しと言われますが、3つの要素を巧みに使われていて、本当に絵のようです。

東京の本部の家元研究科は2月は家元急用のため田澤 涼先生でした。テ-マは異質素材と生の花材でした。
出会いを求めては1月のエ-マでしたね。

Re: No title

大介さん、こんばんは
コメントありがとうございます
お返事が遅れてごめんなさいね。

椿は本当に様々な表現ができる素材ですよね。
この日は葉っぱの色もとてもステキな椿でした。

田澤先生、大阪の研究科にも来られるのですが
すごく的確で歯切れのいい講評で人気ですよ~
薔薇の時計
プロフィール

ミロモネママ

Author:ミロモネママ
島根県松江市在住
チワワ4兄妹のママやっています。
いけばな草月大好き。


長男:ミロ
2008年5月15日、奈良県生まれ

長女:モネ
2008年10月15日、奈良県生まれ

二女:あんず
2010年1月30日、京都生まれ

三女:るり
2010年6月24日、京都生まれ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
デフォルトカウンター
RSSリンクの表示
フリーエリア
検索フォーム
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。